faq よくある質問

中古コンテナについて 新造コンテナについて メンテナンスについて 設置と輸送について レンタル倉庫コンテナについて

中古コンテナについて

はい、すでに在庫状態となっているコンテナは、ご確認いただけます。
なお弊社では、輸送用として現役のコンテナの購入予約を承ります。
ある程度まとまった数量を確保する場合に現役コンテナを確保しますが、その場合、現物確認は困難となります。
はい、引き取りも可能です。
使用年数や状態によっては、買取らせていただきます。
コンテナ1個から承りますので、お気軽にご相談ください。
ご安心ください。弊社で販売する中古コンテナは、その時点で必要なメンテナンスを行ったうえで販売いたします。
なお、弊社では、信義誠実の原則に則り、責任を持って販売いたします。しかしながら、商品の性質上、保証は致しかねることをご了承ねがいます。
もちろん可能です。
経年劣化の風合いを楽しむために、あえて中古コンテナを好むお客様も大勢いらっしゃいます。
なお、用途によっては、中古ではなく、新造コンテナを改造したほうがベターな場合もございます。
そのときは、お客様の嗜好や目的を踏まえた上で、ご提案させていただく場合もございます。
はい、利用できます。
弊社は、事務所や店舗へのコンバートを得意としております。
ドアや窓、配電孔や通気孔などの加工もおまかせください。

新造コンテナについて

はい、可能です。
事業内容によってリース料が変動しますので、詳細は担当営業までお問合せください。
一概には回答いたしかねます。
事業用としての利用をご検討なら、新造が基本で、中古の良い個体があれば、中古を選択しても良いでしょう。
もちろん、経年劣化の風合いを楽しみたい場合には、中古コンテナをご選択ください。
はい、利用できます。
弊社は、事務所や店舗へのコンバートを得意としております。
ドアや窓、配電孔や通気孔などの加工もおまかせください。

メンテナンスについて

はい、お引取りも可能です。
なお、あらかじめ写真を送っていただければ、メンテの可否を事前に判断できるかもしれません。
はい。喜んでお引き受けいたします。
出張を伴うメンテナンスであっても、全国の協力業者に手配いたしますので、ご安心ください。
部分補修をする際、補修跡が目立たないのはオーソドックスな銀色です。
部分補修をあまり考えなくてよいのであれば、お客様のお好みの色でよいと思います。
お好みのほか、周りとの調和を考えて、ご選択ください。

設置と輸送について

はい。喜んで対応いたします。
ただし、物理的にアクセスが困難な場合には、お断りせざるを得ないかもしれません。
はい、可能です。
弊社と提携した一級建築士が対応いたます。
はい、可能です。
コンテナ1個から承りますので、気軽にお問合せください。

レンタル倉庫コンテナについて

投資リスクと事業リスクは表裏一体です。
投資リスクを負わないなら収益は制限され、投資リスクを負うことによって利益率は高くなるものです。
弊社では、オーナー様のご判断によるオウンリスクで収益を最大化するためのお手伝いはできると思います。
しかしながら、オーナー様のリスクを負担することによって、弊社が収益をあげるメニューは、現時点ではご提供を差し控えております。
コンテナの製造国は、中国・台湾・韓国に集約しており、日本で販売されているレンタル収納事業用コンテナもこれらの国で製造されています。レンタル収納事業用のコンテナを製造する工場は限られており、国内でレンタル収納事業用コンテナを販売している会社は、限られたいずれかの工場で製造されたものです。 博栄では、レンタル収納事業用コンテナも、国内関連企業との提携により、スケールメリットを生かした価格でご提供いたします。
はい。ございます。 なお、2014年12月26日、国土交通省は各都道府県の建築主務部長宛に「コンテナを利用した建築物に係る違反対策の徹底について」という通達を出してます。それゆえ、少なくとも新規設置においては、建築確認対応コンテナでなければ、設置困難なケースが予想されます。 10年先の事業を考えれば、建築確認対応コンテナをおすすめします。

contactお問い合わせ

どんな小さなお悩み・ご相談でも構いません!
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。