土地活用としてのトランクルーム

土地活用としてのトランクルーム

比較的あたらしい土地活用手段としてストレージコンテナが全国に拡大しています。
その名称には「レンタルボックス」「レンタル収納」「貸しコンテナ」などがあり、標準的な呼称は確率していません。しかしながら、家の外に収納スペースを確保するニーズは、確実に存在します。住宅が狭く、モノが家のなかに溢れがちな日本において、その市場は、大都市から徐々に広がり、いまや全国に拡大しています。

賃貸アパートとの比較

まず、ストレージコンテナは、賃貸物件の建設に比較すると、はるかに投資額が低いという優位性があります。次に、賃貸物件の建設には、10年先の空室の可能性と残債が、投資リスクとして重くのしかかります。つまり、賃貸物件の建設に対し、移設が容易なストレージコンテナは、土地活用の手段として、極めて柔軟性の高い土地活用手段であると言えます。

時間貸し駐車場との比較

活用を検討している土地が商業地域なら、時間貸し駐車場の方がストレージコンテナよりも高い収益を生み出すでしょう。その土地が駅からも、繁華街からも離れた立地にあるなら、ストレージコンテナの方が安定収益をもたらす可能性があります。

月極駐車場との比較

月極駐車場は初期投資がほとんどゼロ。一方、ストレージコンテナは、多少の投資が必要となりますが、その投資に見合った収益が得られます。よりベターな土地活用を行うには、近隣における駐車ニーズと収納ニーズを、それぞれの競合状況と勘案して決定する必要があります。

関連するページ

コンテナ倉庫事業のサポート
注目されるコンテナ倉庫
副業としてのコンテナ倉庫 - 多様化する不動産投資の選択肢

気軽にお問い合わせください TEL 092-410-0286 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © コンテナの博栄 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.