部分補修をする際、補修跡が目立たないのはオーソドックスな銀色です。
部分補修をあまり考えなくてよいのであれば、お客様のお好みの色でよいと思います。
お好みのほか、周りとの調和を考えて、ご選択ください。